読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い

嘘と事実が7:3です

謝りすぎ民族、ジャパン

皆さん、謝りすぎじゃないですか。勿論僕も謝る。大ポンコツをぶちかますことに定評かがあることでお馴染みです。そんでよく友人に謝ってます。
ただこれを上回るのが日本の大多数を占める人々。僕と違って失態を犯したわけでもいないのに平謝る。肩がぶつかっただけでもペコペコ。相手の進路に自分が進もうとしただけでも「あ、すいません…」謝り好きか。趣味?

これがメキシコだったら

『Ouch…Hey men.Please wait. wait!! Hey!!!!…Holly sit!! Fuck!!Fack and die!!!』

こんな流れで銃撃戦が始まって街が1個滅ぶとか日常茶飯事だから。あいつらマジクレイジー。無駄に薬で脳溶かしちゃない。
ヤク漬けでイッちゃってるメキシカンならこうかもしれないけどニポンの皆さんは違う。すぐに謝る。間髪入れずに謝る。電光石火とは正しくこのこと。

空間を裂くように頭を下げるサラリーマン。電話に出て開口一番「申し訳ありません」と叫ぶOL。ワーワー泣きながら母親と思しき女性に「ごべんなざ〜い!ごべんなざ〜い!」と言い続ける幼稚園児。この間は友人が1時間遅刻してきただけで大謝りしてきた。1時間くらいでそんなに怒んないから。どんだけ小さいと思われてんだよ、器。

たかだか17年とちょっとしかこの国で生きてないけど、はっきり言って異常だと思います。人とぶつかって謝らない奴なんて数少なかった。だから、だからこそ怖い。あまり気にしてないことに謝られるのって超怖いよな。

 

民族性と言っちゃえばオシマイの話ではあるけど、そんな風に溜め込んでいつか爆発したら行き着く先は刑務所だ。隣人トラブルで人が死ぬ。ストレスを溜めると体に良くないってのは本当の事みたい。ストレス、ダメ、ゼッタイ。

こんな標語みたいな事を言う僕も中学生の頃に受験勉強のストレスだか何だか知らんけど、

「全裸でランニング行くか。春だし」

なんて自分の思考が信じられなくなるような発想をしたり。怖っ。

どうやら必要なのは溜め込む事でも発散する事でもなく、イヤな事は全部忘れちまう事らしい。お薬が必要だ。それもガッツリと強いヤツが。

ひょっとしたらおクスリで頭を溶かすくらいがの丁度いいのかもね。目指せメキシカン!みんな殺しあおうぜ!!

それでは

髪を染める奴は

僕は髪を染めてる人が怖い。

これに関しては何というか小さい頃から本能的に恐れている。思えば幼稚園児の頃は金髪の叔父を見ただけで泣いていた。今も髪を染めてる奴に会うと平気な顔をして「おー、染めたんだー」とか言いつつも内心ではビックビク。やばい猛獣と同じ檻に入れられた気分になる。仲のいい友人でも髪色一つで知らん人だ。こっわ。

現代の日本には金や茶に始まり銀、白、果てはピンクや緑など驚くほど多くの髪色の人がウロウロしている。分からない人はサブカルの聖地である原宿という街に行くと良い。将来確実にハゲるタイプの人の頭の群れを見れるはずだ。初めて見たときはあまりのカラフルさから巨大な八百屋かと思った。原宿は八百屋だ。

「何で髪を染めるんだろう?」

これは僕が有色髪恐怖症である為に頻繁に抱く疑問だ。カッコ良いからなんて理由で染めるのなら百害(主に僕に)あって一利無しだ。今すぐ剃れ。剃って出家しろ。悟りを開け。解脱を目指して死ね。

話が逸れてしまったがともかく僕は髪を染める深い理由が分からない。

何故、染めるのか。あと、怖い。

何故、他人に恐怖を与えるのか。それと、怖い。

何故、自ら毛根にダメージを与えるのか。そして、怖い。

そんな風に恐怖を押し殺して必死に考えた結果ある結論に辿り着いた。

「もしかして威嚇してるんじゃないか?」

威嚇。そう、威嚇だ。髪を染めるという事は威嚇だと思う。思えば髪を染めている人よりも髪を染めていない人の方が声もかけやすい。僕のような一般人でもそうなのだ。巷に蔓延る「ヤンキー」「チンピラ」「卍」彼らだって路上で人に声をかけるなら染めてない方を選ぶだろう。お小遣いをせびる事なんかも、ノーマルな髪色の方が引っ掛け易い。良い迷惑だな。

自然界にも激しい色調の動物はごまんといる。そんな奴は決まって毒を持っていたり噛み付いてきたりして危険だ。珍妙に染まった頭もそうした自然の淘汰の一部なのかもしれない。

結論は出た。髪を染めるのは威嚇、ひいては警戒色だ。彼等は自らが危険な生物である事を髪の色で表しているのだ。早い所、動物園に連れて行って檻に隔離するのが吉だ。熱帯雨林の生き物コーナーに置いたら違和感もない。上野動物園さんよろしくお願いします。

まぁこんな風に理由付けて自分を納得させた所で怖いものは怖い。動物園も受け入れてくれないだろうし。早いところ全国の髪を染めている奴らはスキンヘッドにして出家しろ。Twitterのプロフィール欄に「卍卍僧侶卍卍」と書いてくれ。頼む。それでは以上です。

食べログ1.9の店

服が買いたい、旅行に行きたい、映画が見たい。

起因はそれぞれだけど欲望を満たすためには何が必要か。そう、お金ですね。身も蓋も無いが「夢」とか「希望」とかそういう概念的な原動力よりも先に、我々に立ちはだかるのは金銭というデカいデカい壁である。生まれてから今日に至るまで金に首を絞められて生きてきた。身近な疫病神とはよく言ったものだ。

それではその疫病神をどうやって手元に引き寄せるか。借金?クレジットカード?全部違う。その答えがトップタイを切る奴はウシジマくんの住人だけだ。常識を持った人間ならばこれが真っ先に出るはず。正解は「お仕事」です。僕のような学生ならば「アルバイト」とも言い換えられる。決められた職務をこなして月なり時なりで給金をせしめる、そんな作業だ。長い枕になったが今回はアルバイトのお話です。

 

僕は片田舎のチェーンレストランで働いている。行き所をなくしたジジイとババアか子連れの客から日々金を毟り取っています。無意味に高級なのも田舎特有だ。10分で出る飯に三千円の値段をつけるあたりナチュラルに狂っている。

僕は友人の津々木という男から紹介されて、こちらのお店でバイトを始めた。誘われたとき僕は回転寿司屋を辞めて貯金を切り崩しながら生活していた。そろそろ貯金も底が見えるな、という時に「え?白谷いま無職?うち緩いから入っちゃえよ!」とアホ丸出しで誘われたので、こちらもアホ丸出しで「緩いの?最高じゃん!」と面接に向かった次第だ。誘うにアホに乗っかるアホ、これで採用されたのだから店のほうも中々アホだ。社会は意外とアホで出来ている。

さて、肝心のバイトだがこれがまた緩かった。どれくらい緩いかは筆舌にし難いが、例を挙げるならば「なんか今日キモいからバイト休むわ」という謎でしかない休みの口実がまかり通るくらい緩い。ある時はバイト中に調理場の奥まった場所に先輩が固まっていたので、覗いてみるとモンストのマルチプレイしてた。最早緩いどころの話ではない。荒れてる中学校かよ。

そんな無法地帯だったバイト先だがここ最近、より正確には3月に入ってから急激に苛烈になった。理由はあまりにも簡潔である。「主力メンバーの退職」、だ。アルバイトに店の営業が頼り切りになりがち、という田舎あるあるが存在する。僕のバイト先も御多分に漏れずでバイトがいないと店が回らない有様だ。挙句に主力となっているメンバーは軒並み就活生だった。3月という就職の季節、どうなるかは火を見るよりも明らかだ。

シフト穴だらけでしたね。仕事も穴だらけでした。店全然回らん。なにこれ。

注文は山積み、皿も山積み、客はたくさん、材料は0。地獄絵図とはまさしくこのこと。自転車で10分先の場所に地獄、爆誕。まったくもっておめでたい限りだ。社員の頭とかな。

当然残業も増える。30分ほど残らされることなどザラだ。社会的立場さえ無ければ皿の山など薙ぎ倒して店に火を放っている。「客ども死すべし!社員ども死すべし!」とか喚きながら。

当然、打てる方策は尽くしている。辞める、という最終兵器まで持ち出した。社員に敢え無く叩き落された。津々木に至っては昨年の9月から辞める辞めると言っているが、いまだに残されている。本当に可哀想。ブラックに飲み込まれている典型だ。「肌もブラックだから辞めれないんじゃない?」とかいってごめん。今度美白クリーム買ってあげよう。

兎にも角にもブラック中のブラック、もはや漆黒とすら言える我が店。アルバイトである僕たちもパートのおばさんも社員ですらも疲弊しきっている。働いている人間が誰一人として得をしていない。胴元のオーナーである地主のジジイと企業本部の人間ぐらいしか笑ってないだろう。全員血祭りにあげて大通りに転がしてやりたいところだ。

ここ最近は食べログを使って店を酷評することに命を燃やしている。

「ゴキブリ入ってました。最悪な気分です」

「注文してから出てくるまでに13時間掛かりました」

「津々木っていう店員が黒くて不愉快です」

「社員殺す」

概ねこんな感じで我が店の食べログを荒らしまわっている。その甲斐あってか、ここ最近はうちの店の評価を1.9という数値まで落とすことに成功した。このまま誹謗中傷を書き連ねて地の底まで評価を叩き落してやる。今はそんな歪んだ欲でいっぱいです僕は。満願成就した暁には、店を潰して子供たちの公園に変えてやりますよ。子供たちの未来の為に。

それでは。

将来の夢って、なんだ

一つ質問があるんですけど、皆さんは将来の夢とかお持ちですか?僕はお持ちでないです。気づいたら大黒屋に売り払ってました。300円で買い叩かれたので、昼食代にもなりませんでしたね。次からメルカリで売ります。999円で。

 

「ボクの将来の夢はなぁに?」

この間、こんな風に幼稚園生くらいの子供に聞く大人を見かけた。何かのインタビューだったのかもしれない。この類の質問ならば「大きくなったら何になりたいの?」とかでも構わない。難しい話が出来ない小さい子との、噛み砕いた会話の掴みには割と在り来りな質問だと思う。この質問に対して、子供達は思いの丈を奔放に答えるだろう。

「おまわりさん!」

「けーきやさん!」

「しょうぼうしゃ!」

「あんぱんまん!」

こんな具合だ。彼等は明確に「これになりたい」「こんな事がしたい」なんてものは無く、何となく好きなものとか知ってるものを挙げてるんだろう。可愛いですね。消防車にはどう逆立ちしても慣れませんけど。ケツからガソリン飲んで口から水吐くんでしょうか。

消防車は一旦置いておこう。小さい子のいいところは夢が幾らでも溢れて来る事だと思っている。とても素晴らしい事だ。今時の高校生に将来の夢を聞いたところで

「夢ぇ?えーサラリーマン…??笑」

とかこんな感じだと思う。自分で書いたけど語尾の「笑」に現在強い怒りを覚えている。竹編掴んで夭の部分で額を滅多打ちにしたい。サラリーマンが何するか分かってんのか。「給料」貰う「男」だぞ。多岐に渡りすぎだろ。

このように個性が死に切った回答を批判したけれど、個性が尖りすぎているのもそれはそれで問題だと思う。

「将来の夢は何?」

「オイラ、都会に行ってデュエルマスターになるんだ!」(鼻の下を擦りながら)

こんな事を答えるのも何というか、凄くアレだ。言われた時には、愛想笑いを浮かべて「すごいじゃん!」とか言いながらも、(ゆくゆくは20代後半のOLのヒモかなぁ…)こんな事を考えてしまうと思う。無礼極まりない。でも考えて欲しい、知り合いの高校生に将来の夢を聞いたら「デュエルマスターになりてぇ!」なんて回答が返ってきた時に思うことはこんなものじゃないですか?肩をポンと叩いて「お前なら、きっと成れるさ!」とか言いながらオシリスの天空竜のカードを渡すとか、あなたには出来ますか?僕は出来ません。

こんな風に何でもかんでも馬鹿にした考え方をするのは、義務教育の後遺症だと僕は考えている。他者のせいにするようだけれど、9年間に渡る義務教育を受けた上で『夢』とか『成りたいもの』とか『やりたい事』とか、そういう習字のお手本みたいな物をぶっ潰されてしまったんだろう。個性を持たないのはつまらない、だが豊富すぎる個性を持つことは恥ずかしい。なんて自縄自縛の考え方が精神の根底奥深くに根付いているようだ。結果として人を小馬鹿にした考えばかりの捻くれ者が出来上がる。

周りのことは分からないけど、少なくとも僕はそうなのだ。他人から「お前夢とか無いの?」なんて言われたとしても、個性を出しきることも出さないことも出来ない僕はきっと満足のいく答えなんか返せない。曖昧に濁してその場をなぁなぁにして逃げるだけだろう。

義務教育が僕に与えた後遺症は思った以上に痛手だったみたいだ。小学校に入学する前の方がよっぽどいい。人の夢を笑うシニカルぶった考えは捨てるべきだ。改めて質問します。皆さんは持ってますか?将来の夢。僕は消防車になりたいです。ケツに給油口つけて、口からホース生やしますよ。腹はタンクで。

それでは。

遠足に行ったら新しい発電方法を思いついた話

遠足に行ってきた。高校3年生を呼びつけて『遠足』とは笑わせる。4月の予定表に遠足の2文字が自慢げに居座っているのを見たときは「馬鹿じゃねぇの」と口に出してしまった。ひょっとしてこれ、他校の行事予定ですか?近所の小学校と取り違えたのかな。

挙句の果てに強制参加ですこれ。遠足休んだら単位落とすって、なんだね。

 

さて、そんな心躍らない学校行事が本日執り行われた。得るものが何もない遠出は単純にしんどい。祖父の法事のほうがまだマシだ。

今回の遠足とやらは二つのパートに分けられている。まず学校が指定した場所で学びを深める『施設見学』パート。そして望まない見学会で消耗した生徒たちを「ほら、嬉しいだろ?」と言わんばかりに街へと放逐する『自由行動』パート。担任の浜田は「まぁ、自由行動の方は本来蛇足なんやけどな」と関西訛りに話していた。僕から言わせればどちらも蛇足である。平常授業しろ。

 

朝9:30。僕たちはとある施設へと赴いていた。その名も「電気の史料館」。かの大手電力会社が管理する科学館。電気についてたくさんの知識を得られる素晴らしい場所である。「原発博物館」に改名したほうが良いんじゃなかろうか。世論的にも。ちなみにこちらの建物、僕の最寄り駅から一本で到着する場所にある。「遠」く「足」を運ぶとは何だったんだ。

入って早々にだだっ広いレクリエーションルームに通された。毟り取った電気代で建設した建物のせいか、ただただ無意味に広かった。ちょっとした体育館程のサイズ。ママさんバレーのチームが二町分は合同で練習できる。今すぐ解体して町の体育館にした方がいい。

用意された椅子に座って手持無沙汰でぼんやりとしていると唐突に照明が落ちた。前方に照明が集まり、腹のでかいおっさんがノッシノッシと現れる。

「ようこそ〇〇高校の皆さん、本日はお越しいただきありがとうございます」

腹と態度が反比例した面白いおっさんだと思った。曲線グラフジジイは話し続ける。

「当館は全面的に撮影禁止となっております。SNS等に写真がアップロードされていた場合には学校の方へ連絡させて頂く場合が御座いますので、何卒ご協力の程を宜しくお願い致します。」

なるほど、つまりは「写真なんか撮ったらどうなるか分かるよなクソガキ?進路に傷つけたくなかったら大人しくしてろよ」という事だろう。マフィアの本拠地ですかここ?

さてそんな物騒な施設見学ではあったが実をいうと、殆ど記憶にない。恐怖のあまり失神していた、とかならネタにもなった。だが遊びたい盛りの高校生を捕まえて、やれタービンだ、やれ原子だと言われましてもね。純粋につまらんのです、プレゼンのやり方を変えた方が良いと思います絶対。巨乳の女雇うとかしなよ。

 

そんな時間を食った割には、何も意味を見いだせなかった施設見学。さぁ、いよいよ待ちに待った自由時間だ!街に繰り出せ!!

まぁ3時間ほどガストにいましたね。友達が将棋で争っているところ見物してました。飛車にぶっ殺される王将の姿には涙が止まりませんでしたね。

そもそも予定すら立てずに街に人間の群れを放り出すのが馬鹿だ。普段から統率されて暮らしている僕たち学生相手に何を求めているんだろう。そんな風に試されたところで、僕たち考えられない葦に出来ることなど何も無い。少し頭を捻れば判るはずじゃん。1から10までゆっくり説明しようか?お母さん呼ぶ?

こんなわけで学生生活最後の遠足は散々でした。次の機会があれば頑張りたいですね。こういうしょうもない行事に対する熱意、もっと他に向きませんかね。発電とか。東電さん、オファーお待ちしております。うちの学校の職員室に電力の餌がいっぱい転がってるんで。

それでは。

闘牛士から男性器へ再就職した友人

友人の横田が彼女と別れた。

横田に彼女が出来た当初は、性欲の塊のこいつによく女なんて出来たな、何の弱み握ってんのかな。なんて思ったのを覚えている。リベンジポルノの前倒しってなんて言うんだろう、とも。いま調べたら普通に準強姦らしいです。軽犯罪者横田。

実際のところは弱みなんて握ってなくて、普通に告白して普通に付き合ったとのこと。これにはすごく助かった。友人が裁判にかけられる様子は見たくないので。握られてるのはどうも横田の性器くらいのもんだったらしい。

横田の自慢気な様子に興味をそそられて「じゃあ彼女って誰なの?」とメンヘラ女みたいな質問を飛ばすと横田は自慢げにこう答えた。「同じクラスの大木戸」

ワーオ。思わず言葉を失った。この大木戸という少女、17歳にして既に30代後半ほどの貫禄をもった表情をする女の子だった。具体的にはフォーリンラブというお笑いコンビの女の方によく似ていた。有体にいえばブス。佐々木希を引き合いに出すなら松坂牛と闘牛くらいの差はあった。

そんな闘牛、もとい大木戸と横田が付き合ったという話は面白くてしかたがなかった。何せこの大木戸という女、両親が拵えた穴を最大効率で使用して学年のマドンナ軍に参入したいう強者である。親が泣いてるぞ。世間一般で言えばヤリマンと称される女と友人が付き合い始めた話。まず浮かぶのは「羨ましい」とか「おめでとう!」では無く、「性病検査させた?」とか「腹に経産線ついてなかった?」とかそんな質問だったのは自明の理だろう。

ただ友人にそんなことを聞いて縁を切られるのも馬鹿馬鹿しいので「ゴム付けなね、痒くなってからじゃ遅いから。」とだけ伝えておいた。喧嘩になった。

ただそれ以降、横田は希代のヤリマン、もとい動くオナホール相手に上手いこと立ち回っていたと思う。週末は出かけ、一緒にプリクラを撮り、晩ご飯を食べて、夜は体を重ね。僕には到底マネできやしない、特に最後とか。ゴム3枚は重ねると思う。

それでも女心は秋の空、といったもので健闘の甲斐なく横田は振られてしまった。「他に好きな人が出来たって…」としょんぼり落ち込むその姿は、角に刺し貫かれて血反吐を吐き出す闘牛士のようだった。

そんな横田に闘牛は蹄で蹴り詰るが如く、追撃を仕掛けてきた。曰く電話が来たそうだ。「は?好きな人が出来た?そんな嘘まだ信じてたのかよバーカ!」と。横田、轟沈。大木戸女史の心は彼女の女性器と同様、深い深い漆黒に染まっていたらしい。そんなダークソウルの一撃を受けて我らが友人横田はノックアウトされたようだった。3日はオナニー出来なかったって。性の権化たる横田が3日もオナニーしないのは、9.11と同じレベルの大事件だ。つまりそれほど横田は心に大きな傷を負ってしまった。

そんな横田に僕たちが何が出来るのか。何か助けになれないかと友達同士で話し合う。僕たちは必死に5分ほど考えた。その結果「高いオナホあげれば元気出すでしょ、横田だし」という横田の人権がどこにもない案が採用された。僕たちの目に彼は一本の男性器としか映っていなかったようだ。

1週間後、天下のAmazonから届いた救援物資を横田に手渡す。「家に帰ってから開けろ!」厳しく念を押して家に帰らせた。翌日の横田、すげえすっきりした顔で学校来ましたね。マジかよちょろすぎるぞ横田。どうやら彼は本当に男性器でしかなかったらしい。彼の脳髄は亀頭に収まっている。

暫くたったある日、「元カノ、もういいのかよ」と僕が聞くと横田は晴れやかにこう言った。「あいつのマンコよりオナホの方が気持ちよかったわ!何かあいつの汚かったし!」いっそ清々しいなこいつ。総括するとブスと無理して付き合うより高いオナホ買った方がマシって話です。横田だけかもしんないけど。

そういえば今日聞いたんですけど横田オナホ使いすぎて穴あけてぶっ壊したらしいです。どうするんだろう、これから。横田が手ごろなブスと交尾して性病貰ってたらまた書きます。

それでは。

恩師へ贈る感謝の手紙

僕の担任は浜田という男だ。身の回りの登場人物が男ばかりで嫌になる。

浜田は僕が高校二年生の頃から、担任を請け負っている。生徒が男だけなら担任も男。男やもめとはこういう状況を言うのだろう。つくづく嫌になる。

まず浜田はチンパンジーによく似ている。もちろん似ているだけで人間だ。僕たちの大切な恩師をモンキーティーチャー浜田なんて呼ばないで頂きたい。ただ確かに似ているのは事実だし、宮根誠司とチンパンジーを混ぜ合わせたような外見をしているのもまた事実。首から上がチンパンジーの宮根を想像して頂ければ概ね間違いではない。そんな妖怪が僕たちの担任だ。

彼は生徒指導の厳しさで教育委員会から一定の評価を受けているともっぱらの噂の男である。生徒からの心なき声の中には「委員会のおじさんにケツを売って評価を稼いでいる」という根も葉もないものまであった。全くひどい話だ。まぁ言い出したのは僕だが。

そんな指導し甲斐のある可愛い生徒たちを、2年間も面倒を見る羽目になってしまった浜田だが、ここ最近どうも様子がおかしい。特に奇行に走っているわけでも無いが、何やら今までに比べるとそう、有体にいえば甘くなったのだ。優しい言葉が増えた、生活指導がずいぶんと緩くなった、あげていけばきりが無いが、以前の彼からするとまるで考えられない言動の数々だった。気持ち悪。

両親が事故で死んだとか、そういうショッキングな出来事があったならば唐突に態度が変わるというのも分かる。しかし彼の人生がそんな鮮やかなドラマで彩られたという話は聞かないので、恐らく僕たちの指導に心身共に疲れ果てたという説が最も有力だろう。なんだか可哀想なので、この場を借りて彼に謝罪の手紙をしたためようと思う。

 

浜田先生へ

いつも愛のあるご指導、誠にありがとうございます。本日は3つほど申し上げたいことがありまして、筆を取らせて頂いた次第です。

まず一つ目は、浜田先生のお名前を「浜田→浜田氏→中田氏→中出し」というクソしょうもない変換で玩具にしていることです。最近では「Mr.膣内射精」という一見意味の分からない呼称まで生まれる始末です。不思議に思うかも知れませんが、貴方の事です。クラスメイトには私の方からキツく言っておきますので、どうかご容赦ください。

2つ目ですが、浜田先生のファッションであられるヘアワックスでツンツンに立たせた髪型を、あろうことか「歳食ったフグ」と形容していることです。浜田先生は弱冠34歳という年齢でおられるのに「歳食ったフグ」では失礼が過ぎますね。これからはしっかりと「逞しいヤマアラシ」と呼ばせて頂きます。こちらも大変申し訳ありませんでした。

3つ目、最後となりますがこちらは謝罪ではなくお祝いとなります。浜田先生は最近ご結婚なされたそうですね。聞くところによると奥様のお腹には、第一子となる新しい命が宿っているとか。一生徒の私ではございますが、お祝いの言葉を述べさせて頂きます。チンパンジーと人間の子となる浜田先生のお子さん。オスかメスかはまだ分かりませんが、浜田先生のお子さんならば、きっと丈夫な北京原人が生まれてきてくれることでしょう。早くもこちらに石槍を投げつけてくる様子が目に浮かぶようです。母子ともに健康に生まれてくれる事を心よりお祈りしています。

それでは長々と失礼致しました。これにて結びとさせて頂きます。これからも私たちにご指導ご鞭撻の程、どうかよろしくお願い致します。

敬具

 

完璧だ。これを見せたら浜田もきっと喜んでくれるだろう。ところでいま調べたところによると、チンパンジーの握力って200kgあるらしいですね。日本国内で顔面を握り潰された怪死体が発見されたら、きっと僕です。ニュースに出てたらそっとお祈りしといてください。

さようなら