読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い

嘘と事実が7:3です

馬鹿な性欲魔人の買い物に巻き込まれた話

「でも俺、やっぱりTENGAが欲しかったわ」

友人である横田の口から出た一言だった。

 

横田とは僕の友人だ。高校入学時から一緒にいるので、もうかれこれ3年の付き合いになる。彼は母の腹から頭よりも先に性器を出したんじゃないか、と思うほどに性欲に塗れた男だ。その性欲の強さは友人の間でも折り紙付きである。「俺、最近性欲無くなってきたんだよね…」と暗い表情で語る彼に「じゃあ最後にオナニーしたのはいつ?」と聞くと「うーん、昨日の朝かな?」という返答が帰ってくるような男だった。うーんって何だよ。悩むな。

 加えて彼は頭が非常に悪い。脳の容量の7割を性欲の処理に割いているために、中学1年生レベルの英語すらもおぼつかない。don'tの使い方が未だによく分かっていないらしい。枕に書いた彼のセリフも正しくは「でもおれ やっぱりテンガがほしかったわ」である。横田の脳に漢字は存在しない。そんな男だ。

 

彼が男性用ジョークグッズ(以下TENGA)を欲しがったのには海より深い、そして潮風より不快な理由がある。

僕は今日、友人たちの買い物に付きあって原宿へと足を運んでいた。メンバーの内訳はイケメンの明智、性欲の横田、そして僕、という構成になっている。なにやら横田が古着を欲しがったので暇な僕たちが巻き込まれた、というわけだ。

 

週末の昼過ぎからブラブラとサブカルの街を練り歩き、古着屋を巡った。2軒、3軒と店を回ったが、横田のお眼鏡に叶う服は見つからない。ここもダメか、と次の店へとテクテク歩いていたらば横田の足どりがピタリと止まった。それも何の前触れもなく、だ。どうしたんだよ、早く行こうぜ。そう声をかけると奴はこう言った。

「今日の金でさ、TENGA買うのって、ダメ?」

輝かんばかりの笑顔だった。

僕と明智はそれはもう必死に止めた。「いい訳ねぇだろ!」「古着はどうした!」「死ね!」「殺すぞ!」3年間で五本の指に入るほどに必死になって友人を説得した。そんな説得(罵倒)の甲斐あって横田は考え直し、「ごめん、どうかしてた」と呟いた。僕と明智が胸を撫でおろしたのは言うまでもない。

時刻は変わって夕方、明智は帽子を買い、僕は外人からジャケットを貰った。横田の手元には何も無かった。そろそろ諦め時かな、なんて僕が考えていると横田がまた阿保なことを言い出した。

「やっぱりさ、ひひ、渋谷のドンキでTENGA買おうよ」

だからいい訳ねぇだろうが!もはや付き合わされているという意地から僕たちは声を荒げた。しょぼくれる横田。「いいじゃん…俺の金じゃん…」とかほざきやがる。そういう話じゃねーよ。

三人の間に険悪なムードが漂い始めたので『古着屋をハシゴする』という当面の目的は、誰かが提案した『とにかく飯を食って一息つく』に変わった。とりあえず近くにあったラーメン屋に入り、食券を買う。すると横田がまたも驚愕の一言を放った。

「あーあ…これで残り200円か…」

待てや。お前今日いくら持ってきた?

「1500円だけど?」

バカじゃないの。何買うつもりだったんだよ。そんでもってラーメン大盛980円だろ。残りの320円なんだよ。

「メンマと煮卵」

メンマと煮卵食うな。

 

僕たちは満腹の腹をさすりながら店を出た。なんだかんだ言っても食事という行為は偉大で、横田の愚行に対する苛立ちはどこかに消え去っていた。みんな笑顔で最寄りの駅へ向かっている。電車に揺られて地元の駅へとたどり着く。

 

「なんだかんだ今日楽しかったな帽子買えたし」「俺も外人から服貰えたから得したわ」意味わかんねーよ、あははうふふ。そんな楽しい会話で一日が終わろうとしていた矢先。件のアホが余計な最後っ屁を放った。

「でも俺、やっぱりTENGAが欲しかったわ」

直後に明智の拳が性欲スカンクへと飛んだ。腹に深刻なダメージを負った横田は、その場に蹲って呻く。呻く。頼む、これ以上余計な事を言うな…。しかし祈りも空しく、横田はぼやいた。

「でも買えたもん…2本」

明智のハンドハンマーと僕の蹴りが、蹲った性の権化の背中と太ももに吸い込まれていった。唸り声をあげる横田をその場に置き去りにして、僕と明智は自宅へと歩き始めた。

 

横田が性欲魔人なのは分かっていた事だが、まさかここまでとは。TENGAに対する情愛がこんなに深いとは思っていなかった。付き合い方を考え直す必要があるかもしれない。

 

けど横田、痛そうだったな…。あんなでも友達だもんな……。

僕の中の良心がズキズキと痛みはじめる。そうだ、TENGAあげて仲直りしよう…。

iosのAmazonアプリを開く。ごめん、横田…。許してくれ…。そんな気持ちを込めながら検索バーにTENGAの文字を打ち込んだ。 

そこには、

f:id:shiroshiroshiroshiro:20170423220648p:image

f:id:shiroshiroshiroshiro:20170423220702p:image

 

810円(参考価格)+810円(参考価格)=1620円

 

2本買えない。

成人先輩と終活星人

今日バイト先の先輩の佐藤という男から「俺来週の月曜で20歳なんだよね」と伝えられた。皿洗いの最中で耳から入る情報に上の空だった僕は、「あぁ」とか「へぇ」の中間みたいな相槌を返した。すると佐藤は「なんだよー祝ってよー」みたいな事をほざく。特に無視する話題でもないので「おめでとうございます」と言うと「ありがと!」とはにかんだ笑みが返ってきた。

 

そんなやり取り以降、僕と佐藤の間で20歳という節目に対する考え方の討論が始まった。

佐藤曰く「20歳から人生が始まる。結婚とかするんだろうし、やれることだってどんどん増える。これからが楽しい」ようだ。

対して僕は「20歳からは老後。終活で忙しい。身体も弱るし出来ることも少なくなる一方。」という持論を展開させた。

 佐藤は僕のそんな考え方を「歪んでいる」と称し指さして笑った。僕の導火線に『人に指を指すな』という本題とは全く関わりない火がついた事で討論は論争に変化した。

 佐藤が言うところによると「お前は結婚できなそう。気遣いとか出来んし」らしいが、ちょっと待ってくれ。誰もが誰も結婚したいと思っておりやしませんか?

 

この世に生きる全員が同じゴールを目指して生きている、なんて考えるのはサイコパスの発想だ。少数派も居ることを念頭に置いてほしい。少なくとも両親の関係があまりよろしくない僕に結婚願望は無い。『結婚は人生の墓場』なんていう言葉が指すとおり、結婚したら自分を縛るものが増えるんだろう。デメリットしかない気がする。

 

そう伝えると佐藤は「メリットデメリットで結婚について考えるのがナンセンス。自分が好きな人と一生一緒にいれるなんて幸せ」と何処ぞのラッパーみたいな事を口にした。こいつは頭がお花畑だ。素直にそう思った。

 

結婚に関しての話し合いは10分ほど続いたが、最終的には「お前の顔が悪いから結婚願望もないんだよ!!」という佐藤の一言に収束した。ただの悪口だろそれ。納得が言ったわけでは無いが、実際ブスの僕に返せるものは無い。佐藤は顔がいい。バッタの体液を擦り付けたい。

 

続いては『20歳を過ぎたら出来ることが少なくなる』という話し合いに花が咲いた。佐藤は「法の観点から言ってもさ、やっていい事が増えるんだから楽しいじゃん。国のお墨付きだよ?」と19歳フリーターの分際で法学生の様に宣う。

確かにこの日本という国家は20歳である事に対して重い責任を負わせている。喫煙、飲酒、エトセトラ。そんな少々のメリットと重たい枷をつけられる。20歳からは大人というレッテルを貼られて日本人という種族は社会に送り出されるわけだ。

 

ここで聞いてほしい。確かに、確かに20歳から出来ることは増える。しかしこんな話を聞いたことは無いだろうか。

 『体感時間的に20歳までが人生の半分』

これだ。例え出来ることが増えたとしても、残った時間はあと半分。グラフで言えば落ちの曲線を描くだろう。そんな状況で「やったーやりたい事がやれるわーい!」なんて騒げるのかね。僕には無理。20歳超えたら既に老後だ。

 

それを伝えるや否や、佐藤は馬鹿正直に深刻な顔を作った。追い打ちをかけるように「あと3日で佐藤さんの人生半分ですよ」と囁いてやると、佐藤は難しい顔をして「そうか…老後か…」と辛気臭いセリフを口にした。けしかけといて難だけど、定年間近のおっさんみたいで非常にウケた。 

あと1歩で佐藤の心を動かして何をするにも慎重派のつまらん人間に出来る。そんな邪な目的を持って、次に何を言ってやろうか、なんて考えあぐねていると店の壁掛けタイマーがけたたましく鳴り響いた。14時だ。佐藤はぱっと顔を上げると「もう上がりじゃんあはは」と先程までの表情が嘘のように笑った。

 

「それじゃ誕プレ待ってるね~!」そう言い残すと、佐藤は足取り軽く更衣室へと消えていった。誰がやるか。お前の彼女、別の男とディズニー行った写真インスタに上げてたぞ!死ね!

チラリと横合いに目をやれば、途中から放棄した洗い物が山のように積み上がっていた。

 

今はこの文章を、真っ暗な部屋のソファに寝っ転がって書いている。無機質な機械の光は視力の低下を加速させそうだ。後ろの窓を見やると、カーテンの隙間から春らしい朝日が差し込んでいた。家の前を通る国道からは、既に様々な活動の音が聞こえ始める。窓を開けば雨上がりのアスファルトの香りが滑り込んできた。

あと2年半で僕も人生が半分終わる。残った時間であと何回こんな朝を迎えるのか。気が付けばそんなことを考え始めていた。寝不足だと感傷的になる。なんだかとてもキモいのでもう眠ろう。

だいぶ遅れてやってきた眠気に身を任せたい気分なので今日はこの辺で。

それでは。

微生物転生希望者の志願書

イケメンが嫌いだ。

 

男子の比率が圧倒的に多い高校に通う経験上、男社会の中で顔がいいと言うのはそれだけで美徳だと刻みつけられる。女に持てると言う一点で相当な地位が約束されるのだから。おこぼれにあやかろうという奴や顔のいいお仲間、面食いのホモ。メスが相手でなくとも様々な意味でよくモテる。その分の割を食うとまでは言わないが一緒にいると劣等感で瀕死の重傷を負う。心に。

 

引き換えブスはどうだろう。自分と顔が同じレベルの奴なら気が楽でいい。同じ部屋で過ごしても顔レベルの差でジリジリと殺されていくなんてことは無い。自分より下ならモアベター。見下すだけで心の安寧が確約される。古くから今、東から西に至るまでブスというのは見下す相手を探しているのだ。

 

詰まるところはブス最高。イケメンは死ね!出席番号順に死ね!デスビーム!ドーン!!

 

さて、イケメン諸兄に置かれましてはご逝去なされただろうか。今を持ってこの空間は醜男醜女の天下となった。選ばれしエリートブスの皆々様、御機嫌よう。みんなでお手手を繋いで生き残ったイケメンを皆殺しにしよう!

 

こんな風にブスというのはイケメンを恨み、嫉み、僻みながらもやっとこさ生きている。それこそが日陰者の習性というものだ。僕が言うんだから間違いない。

ではイケメンの方はどうだろう。ブスをどう思っているのだろうか。

 

見下して気持ちよくなっている?ノー。仲良くしようと対等になる努力をしている?ノーノー!

 

ベストアンサーは「概ね無関心」だ。彼らの視界に僕らは居ない。時折物好きがデカい岩をひっくり返して蠢く僕らを笑うだけ。僕らは虫だ。

 

そんな僕らにとって天敵とも言える彼らだが、タチの悪い事に彼らに悪意は全くない。地面を歩く蟻に「は?何歩いてんの?殺すぞ?」なんて思いますか?思いませんね。それと一緒。

 

加えてイケメンというのは往々にして性格がいい。人間は生まれ持ったカードを切って生きていくしかない生き物だ。端から手札にワイルドカードが加わった彼らの性格を歪めるものが存在するのか。否だ。彼らの性格の良さに手札がブタの僕らは歯噛みするばかり。

 

イケメン、美女、奴らの顔に掛かれば短所も途端に長所に取って代わる。

 

頭が悪い→天然なんだー可愛いところあるね!

運動が苦手→知的で素敵!

暗い→クール!

うるさい→明るい人なんだよ!

 

エトセトラエトセトラ。この有様だ。全くもって羨ましい。美男美女という群れは無敵だ。正しく向かうところ敵無し。世が世ならば百万石の武将だろう。

 

そんな現代の武将共に僕らが対抗するにはどうしたらいい?身だしなみに気を使う?僕らに必要なのは最低限の清潔さだ。髪型?ゴミの上に綺麗な花を乗っけてマシになりますか?口臭を気にする?歯を磨くのは文明人のルールだ馬鹿が。

 

要するに僕らに逆転の一手など存在しないのだ。かいしんのいちげきをお見舞いしてもひのきのぼうで敵のHPは0にならない。僕らは人生の初手から詰んでいた。

 

人生を変えるのに選べる手はたった一つ。リセマラだ。言い方を変えればスーサイド。来世という淡い希望に縋るか、現世という昏い絶望に別れを告げるか。意味は人それぞれだが、僕らは人生をリセットして、来るかどうかも分からない新しい世界を期待するしかない。

 

それでは僕はこれからよく締まるロープと蹴って倒せる踏み台を買いに行こうと思う。次回はミドリムシくらいにはなれたらいいな。男女とか無いらしいし、光合成で食っていくとかやってみたいしな。

それでは御機嫌よう皆さん。イケメンは死ね。